美を作る成分って何?

還元型コエンザイムQ10:細胞内のエネルギー物質「ATP」作るのに欠かせない成分であるコエンザイムQ10。美肌効果などのほか、ドライマウスの改善といった効果もあるといわれています。

ユーグレナ:「ミドリムシ」としてよく知られるようになったもので、ユーグレナ藻ともいいます。光合成をおこなうため、それによって作り出すβグルカンの結晶、またパラミロンにコレステロールの吸着作用があります。

マグノリグナン:医薬部外品の美白成分として、厚生労働省に認可されたものです。メラニン生成にかかわる酵素を減少させる効果があり、シミ対策に◎。

エナジーシグナルAMP:メラニンの蓄積を抑えて、シミやそばかすを防ぐ美白成分です。表皮の入れ替わりを促進し、美白や肌の保湿、ハリを出す効果も期待できます。

SMCS:ブロッコリーやキャベツ由来のサプリメントで、コレステロールを低下させる作用があります。

ALA:動植物がもつアミノ酸の一種で、日本酒やワイン、酢などに多く含まれます。血液中のヘモグロビンに原料になったり、細胞内でエネルギー産生を高めるのに重要な役割を果たします。最近では保湿クリームにも応用されています。

4MSK:美白効果のある成分です。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.

There are no comments yet, be the first to say something


Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.