時代と地域によって違う目元メイク

目元のメイクって、時代とともに大分と変化してきましたよね。歴史の教科書を開けば、平安時代の美人の定義が今では笑ってしまうほどになっています。もっと近代で言えば、景気に左右されてバブルのころでは眉毛がとても太く、景気が悪いころには細くなるという現象も起こりました。

今はというと、少しずつふんわり太眉になってきたかなという感じです。欧米はパキッとした眉が流行りで、眉の縁にコンシーラーで線を描くほどです。こうして考えると、目元のメイクというのは時代と地域によってこんなにも差があるのですね。

でも、そんな時代に流されることなく自己流を守っている人もいます。芸能人だとそれも多くなりますね。一つのトレードマークのようになれば覚えてもらいやすいからです。一般人はそうでもないという方が多いですが、メイクは女性が自分という個性を出せる機会でもあるので、一つ「自分らしい」メイクを確立するのもそれはそれで面白いと思います。

PR|まつエクはアイリスト次第で全然変わる|

時代と地域によって違う目元メイク はコメントを受け付けていません。